Sonhouse Words2



毎日トラブルがやってくる
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

頼みもしないのに 朝から晩まで
トラブルがやってきて 俺を困らせる

全く憂鬱さ 寝てる暇もない
トラブルが今日も 俺を殺しに来る

巻き込まれたんだ ちょっとした隙に
トラブルがスッーと 俺のポケットに

誰か助けて もうたくさんだ
トラブルが今日も 周りに住んでいる



おまえが欲しい
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

おまえが欲しい 死ぬほど欲しい
おまえの仕草 ひとつひとつが
恋しくて 恋しくて たまらない
だからお願い 一度だけでも
俺に心を開いておくれ

閉ざされた心 冷たい素振り
まるで北国 吹雪のように
あらゆるすべてを 凍らせちまう
悪女が持っている ズルっぽさと
妖しさを備えた女

お前に出会った 男どもは
次から次に おかしくなって
生きるすべてをなくしちまう
罠にかかった獲物のように
身もだえを してるだけ

そんな女とわかっちゃいても
俺は別段 かまやしねえ
お前に出会ったその日から
おさえきれない この思い
あーますます おまえが欲しくなる

こらえきれない この思い
あーますます おまえが 
欲しくなる
欲しくなる 
欲しくなる

あーますます おまえが 
欲しくなる
欲しくなる 欲しくなる
欲しくなる 欲しくなる


キング・スネーク・ブルース 
  作詩:柴山 俊之 作曲:鮎川 誠 編曲:サンハウス 

※ 俺の身体は黒くて長い 
  夜になったらぬけだして 
  手当たりしだいにはいまわる 
  俺のあだ名は キングスネーク 
  俺のあだ名は キングスネーク 
  
  じめじめ湿った草むらの 
  小さな秘密のほら穴が 
  俺の大事なかくれがさ 
  あきたら他の穴ぐらさがし 
  俺のあだなは キングスネーク 
  
  俺がいったん目をつけりゃ 
  二度とあんたは逃がさね 
  長い身体でじわじわしめて 
  たっぷり料理してやるぜ 
  俺のあだ名を キングスネーク 

  俺はいつでもきわわれもの 
  みにくいうえにしつっこく 
  獲物とみれば飛びかかる 
  俺のあだ名は キングスネーク
  俺のあだ名は キングスネーク 
  
 

  借家のブルース 
  作詩:柴山 俊之 作曲:鮎川 誠 編曲:サンハウス 

  俺はやっとの思いで 
  この部屋を手に入れた 
  だからこの部屋はずっと 
  手離したくないのさ 
   
  この部屋を手に入れるのに 
  とても苦労をしたものさ 
  流れ者の俺にはまったく 
  縁のない話だから 

  主(あるじ)は俺にこう言った 
  あんたは飽きずに住めますか  
  俺はそくざに答えたね  
  死ぬまで使わせてもらうよと 
   
  でもこの部屋にだって 
  いつかは飽きがくるだろう 
  そいつは仕方のない事さ 
  隙間だらけになっちまや 
   
  風よ吹け 
  作詩:鮎川 誠 作曲:鮎川 誠 編曲:サンハウス 

  まわりはみんないい人だらけ 
  まるで自分の事みたいに優しくしてくれる 
  そんな素敵な所さここは アー 
  だから俺はここにいるのがたまらない 

※ とても幸せそうに笑ってみせた 
  俺に出来る事といったこれ位い 
  なま暖かい空気が俺を包んでる アー 
  だから俺はここにいたくない 

☆ 風よ吹け吹け風よ吹け 
  俺をどこかへ飛ばしておくれ 
  雨よ降れ降れ雨よ降れ 
  俺をどこかへ流しておくれ 
  
  ☆くり返し 

  ※くり返し 

  もうがまんできない 
  作詩:鮎川 誠 作曲:鮎川 誠 編曲:サンハウス 
   
  もうがまんできない 
  ちょっと言わせておくれ 
  お前とキッスするたびニンニクの臭い 
  最新流行さえ着てれば安心してる 
  似合おうが似合うまいがおかまいなし 
  あー なんてお前あかぬけしない奴 
   
  ついでにもう一つ言わせておくれ  
  お前と喋ってると気が変になっちまう 
  女子大出身で教養豊か 
  それ全部知ってるアンアンにのってた 
  あー なんてお前あかぬけしない奴 
  
  こうなったら全部言わせてもらおう 
  よく今日までおいらは辛抱したものさ 
  そりゃ昔はお前の事のぼせたものさ 
  お前まだ俺が夢中だと思ってる 
  あー なんてお前あかぬけしない奴 

  レモンティー 
  作詩:柴山 俊之 作曲:鮎川 誠 編曲:サンハウス 
   
  しぼって 僕のレモンを 
  あなたの 好きなだけ 
  たっぷり 僕のレモンを 
  あなたの 紅茶の中に  
  アー アー アー 
  二人で飲みます レモンティー 
    
  いまにも はちきれそうに 
  熟した 僕のレモン   
  一滴も こぼさず 
  あなたの 紅茶の中に 
  アー アー アー 
  この世で一番 レモンティー 

  あなたの紅茶に 
  味つけしましょう 
  真赤な 紅茶に 
  黄色の レモンが 
  アー アー アー 
  毎日飲みます レモンティー 
   
  砂糖 たっぷり 
  かきまぜ ゆっくり 
  さめない うちに 
  君はもう まちきれない 
  アー アー アー 
  甘くてすっぱい レモンティー 
   
  ほらほら 君はもう 
  よだれ たらたら 
  もう一杯 あついのを 
  おねがいって ねだってる 
  アー アー アー 
  おやすみ前に レモンティー 

  しぼって 僕のレモンを 
  あなたの 好きなだけ 
  たっぷり 僕のレモンを 
  あなたの 紅茶の中に  
  アー アー アー 
  あなたと飲みます レモンティー 

   ロックンロールの真最中 
    作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

    おやじは 痙攣(けいれん)起こし 
    おふくろは 癇癪(てんかん)ひいて 
    テレビは なりっぱなし 
    洗濯機 まわりっぱなし 
    かまってちゃいられない 
    今ごきげんなんだ 
    ロックンロールやってるんだよ 
    ロックンロールの真最中 

    窓ガラスは吹き飛んで 
    雨風 家の中とび込み 
    裏でにわとり 大騒ぎ 
    犬が部屋の中 走りまわる 
    かまっちゃいられない 
    今ごきげんなんだ 
    ロックンロールやってるんだよ 
    ロックンロールの真最中 

    消防車が 駆けつけて 
    火事はどこかという 
  麻薬捜査官 裏口で 
  目を光らせている 
  かまってちゃいられない 
  今ごきげんなんだ 
  ロックンロールやってるんだよ 
  ロックンロールの真最中 

 ミルク飲み人形 
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

 俺のミルクのみ人形は大事な秘密の宝物 
 一滴もこぼさずミルクを 
 飲みほしてくれるんだい 
 そいつは俺を喜ばす 
 やりかたを心得てたんだ 
 いつもスリルを与えてくれて 
 俺は息が止まりそうだった 
 だけどあの娘は俺をおいて 
 何処かへ消えちまいやがった 
 随分探したんだけど 
 何処にもいやしない 
 あんなに大事に可愛がっていたのに 
 なんて薄情な奴なんだい 
 俺の身にもなってくれ 

※お願いだから誰か 
 俺のミルク飲み人形 
 見つけたらどうぞ 
 連れもどしてください 

 ※くり返し 

 あんなに大事に可愛がっていたのに 
 なんて薄情な奴なんだい 
 俺の身にもなってくれ 
 いつも俺のそばにいてくれた 
 可愛いミルク飲み人形が 
 何処かへ消えちまいやがって 
 俺のミルクカップもさびちまった 

 地獄へドライブ 
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

※俺と危険な遊びをしよう 
 小細工ぬきの仕事 
 くるぐる廻って 世の中が 
 サカサカサカサカ サカサマに見えた 

 昼の日中に寝そべって 
 脳なし野郎といわれたが 
 別に嫌いじゃない俺さ 
 忘れられない感じ 

 ダイナマイトに火をつけて 
 うぶなお前にやさしい言葉 
 心配するなこれから先は 
 俺と地獄へドライブしよう 

 ※くり返し 

 スーツケースブルース 
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

 スーツケースを持って旅に出よう 
 汽車の切符を手に入れて 
 どこか知らない所へ早く逃れよう 

 こんな思いには二度と出逢うまい 
 新しい通をみつけたら 
 迷わないうちに早くここから出て行こう 

 涙流すのはもうやめよう 
 くよくよしてたらきりがない 
 もう二度としたくないアー むなしき愛 
 

 なまずの唄 
 作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

 深い深い沼の底 
 俺はただの一匹のなまず 
 めったに顔を出さない 
 無精者 無精者 無精者  
 俺のこと誰も知る奴はいない 

 長い長い雨が止んで 
 俺は流されて川の中 
 うるさい奴が多すぎて 
 困りもの 困りもの 困りもの 
 俺のこと誰も知って欲しくない 

 青い青い海の中 
 汐に流されて海の底 
 よそ者の俺は 
 つまはじき者 つまはじき者 つまはじき者 

 俺のことみんなほっといて欲しい 

 暗い暗い闇の中 
 俺はただの一匹のなまず 
 じっとこうして 
 死ぬ迄なまず 死ぬ迄なまず 死ぬ迄なまず  
 プカプカ浮いて死んでもなまず 

 夢見るボロ人形 
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

 部屋のすみにほうられて 
 ほこりかぶったボロ人形 
 誰も相手にしてくれず 
 涙流したボロ人形 

 あの娘はとても浮気者 
 むかしはだいてくれたのに 
 今じゃ見向きもしてくれず 
 破れ心のボロ人形 

 いつもニコニコしてるけど 
 心はいつもくもり空 
 誰かみつけて下さいと 
 心で叫ぶボロ人形 

 今度生まれてくる時は 
 あの娘の目が届かない 
 遠い所で生まれたい 
 そっと夢見るボロ人形 
 ルルルルル・・・・・ 

 そっと夢見るボロ人形 
 そっと夢見るボロ人形・・・・  

 
爆弾
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

 爆弾かかえて潜航中
 俺は荒くれ航海士
 ヤバイ事などまき散らし
 探し出してはぶちこわす

 一本切りの綱渡り
 ここは地の果て 地獄の手前
 危険承知の荒治療
 命いらぬ奴はついて来な

 世間知らずの箱入りむすめ
 そこの教育ママさんも
 俺の腰には気をつけな
 魚雷があんたをねらってる・・・・

 そのうちあんたもおかしくなって
 泣いて叫んでのたうちまわる
 しつこくベタベタしないでおくれ
 俺はきまぐれ 航海士

 爆弾かかえて 潜航中
 俺は荒くれ航海士
 ヤバイ事などまき散らし
 探し出してはぶちこわす
 ぶちこわせ・・・・・
 ぶちこわせ・・・・・

 だんだん
 作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

 だんだん だんだん 馬鹿になってゆくみたい
 だんだん だんだん 駄目になってゆくみたい
 ね〜 可愛娘ちゃん こうなったらとことんまで
 俺と一緒に つきあわないかい

 だんだん だんだん みんな離れてゆくみたい
 だんだん だんだん おちてゆくみたい
 ね〜 可愛娘ちゃん こうなったらとことんまで
 俺と一緒に おちてみようじゃないか

 だんだん だんだん 息ができなくなるみたい
 だんだん だんだん 力がぬけてゆくみたい
 ね〜 可愛娘ちゃん ここまできたのに
 俺にあいそをつかすなんて ひどすぎるよ

 だんだん だんだん だんだん・・・・・・

 あの娘に首ったけ
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

 恋の魔力に魅せられて 俺はあれから夢うつつ
 甘美な世界に包まれて 登りつめたり下ったり

 あの娘は恋の魔術師か 俺を盲目にさせたうえ
 がんじがらめのかなしばり あとはあの娘の意のままに

 移り気なあの娘を俺の そばにとどめておく事は
 ○を÷よりむずかしい いつ戻ってくるのやら

 はかない恋の終りが見える
 むなしい恋の終りが見える
 愚かな俺のゆくすえが
 恋の終りにふたえになって見えた

 もしもあの娘の気が変わったなら 勿論俺には拒めない
 俺の望みはあの娘だけ あーすっかり首ったけ

※あー すっかり首ったけ
 ※くり返し

 ふるさとのない人達
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

※生まれた時から せおったさだめ
 あなたは家もなく さまよい歩く
 人に聴かれても 話せない
 ふるさとのない人達なんです
 
 言葉にさえも 表わせない 
 この苦しみを 悲しみを
 どういやそうか なぐさめようか
 迷ってしまう 人達なんです

☆たえられないつらい 友達もいない
 天涯孤独のさだめ
 あなたは耐えていかなくては

 ☆くり返し
 ※くり返し

 おいら今まで
 作詞:鮎川誠 作曲:鮎川 誠 編曲:サンハウス

 おいら今まで 立ち止まった事もなく
 まして悩んだ事など 一度もなかった
 だけど何故か この頃大声で
 唄いたくてたまらない 叫びたくてたまらない
 ね〜 誰か教えておくれ
 あの頃は何処へ いってしまったんだい

 おいら今まで ふり返った事もなく
 まして想い出 あたためた事などなかった
 だけど何故か この頃ボンヤリと
 窓の外を見てる事が よくあるんだ

※ね〜 誰か教えておくれ
 いったいみんな 何処へいってしまったんだい
 
 ※くり返し

 ふっと一息
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス
 
 人混みの中に生きて 息がつまりそう
 かたいベッドに 心は破れはて
 なごむことはない 愛し合って
 生きる苦しみよ 

  ふっと一息ついて
 一時を過ごす 君のひざもとに
 そっと横たわり 甘い夢見るのは
 いつのことなのか 考えてしまう
 
 この間違いだらけの 世の中に生きて
 今思うことは 僕は蝶になって
 美しい野辺を 君と一緒に
 自由に飛びたい

 どぶねずみ
 作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

 おいらはみにくいどびねずみ 人目をさけてコソコソと
 朝から晩まではい廻り ゴミためあさって一日くれる

 おいらのすみかはドブの中 世間の奴らの鼻つまみ
 おいらの身体にしみついた くさい臭いはとれないよ

※ある日出逢った白ねずみ そいつがおいらにいう事にゃ
 こんなくらしはさっさとやめて かたぎなくらしにもどりなと

☆そういうお前もどびねずみ おそかれ早かれどぶねずみ
 人皮むけばどぶねずみ おいらと同じどぶねずみ

 ※くり返し
 ☆くり返し
 どぶねずみ

 ぶんぶん
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス
 
 ハチの群れがうるさく まわりを飛びやがる
 いくら払いのけても 奴らはふえるばかり
 おいらもう疲れたよ
※ぶん ぶん ぶん ぶん うるさい奴ら
 それでも何故か かわいい奴ら

 ハチの群れが俺を イライラさせやがる 
 たまには俺一人で ゆっくり眠りたいのに
 おいらはもうやけっぱちで

 ※くり返し

 ハチが俺のまわりを うるさく飛びやがる
 いくら払いのけても すぐ戻ってくるんだ
 おいらもうあきらめたよ
 
 ※くり返し
 ぶん ぶん ぶん ぶん 奴ら 奴ら

 
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス
 
 雨が降ってきた 悲しい音をたてて
 いつもお前は 一人ぼっちだね
 
※つめたい身体で そっと私に
 よりそい涙を流すお前
 私をやるせない気持ちにさせて
 お前がさる時 涙もかわく

 ※くり返し

 あて名のない手紙
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス
  
 あて名のない手紙を もって外に出る
 見えない糸をつたい 君のいる所まで
 
 静かに時は過ぎ 現われる嵐の影
 かすかな希望は 私の小さなすくい

※愛してる 君を愛してる
 誰よりも 君を愛してる
 
 みんなを見てると 何だか解らなくなる
 どうして僕だけが 苦しむのだろう

 ※くり返し

 こうかいがたえぬ 船乗りのように
 私に心は不安 またいつあえるのか

 やらないか
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

※みんなやりたがってる 心の中じゃいつも
 思い悩んでる それなのに何故か
 押し殺してしまって まるで宝のもちぐされ
 
 みんなやらないか 思い切りが大切
 君が思ってる事 やりたがってる事
 素敵な事かも知れない
 それにぬけ出すチャンス

 ※くり返し

 さあみんなで 飛び出せ
 さあそこから ぬけ出せ


夢見るボロ人形
(作詞;柴山俊之 作曲、編曲;鮎川 誠 )

部屋のすみにほうられて
ほこりかぶった ボロ人形
誰も相手にしてくれず
涙流した ボロ人形

あなたはとても浮気者
むかしは抱いてくれたのに
今じゃ 見向きもしてくれず
涙流した ボロ人形

いつもニコニコしてるけど
心の中は くもり空
誰か見つけて下さいと
心で叫ぶ ボロ人形

ルルルルル・・・・・

そっと夢見る ボロ人形
そっと夢見る ボロ人形



ビールスカプセル
(作詞;柴山俊之 作曲、編曲;鮎川 誠 )

おれの壊れた蛇口から
噴き出る不純な飲料水
悪質なビールスのかたまり
カプセルにいっぱいつめこんで
さぁ やつらにぶちこめ
よだれ だらだら たれながし
さかりのついた メス猫の
のーてんを たたきわれ

おれの壊れた蛇口から
噴き出る不純な飲料水
強烈な 原子バクダン
カプセルにいっぱいつめこんで
さぁ やつらにぶちこめ
鼻から チョーチン ぶらさげた
できそこないの ガキどもの
のーてんを たたきわれ



カラカラ
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

いつまでもクヨクヨする事はないぜ
俺はそんなに急いじゃいないし
まだゆっくり待てる余裕はある
頭がしびれて少しだけど
のどのあたりがカラカラなんだ

俺は力溢れるのがかくせない
うちふるえる胸をおさえる事が
俺をガッカリさせないでおくれ
期待をうら切らないでおくれ
ふざけてるだけで楽しめるから

  間奏

こんな事はめったにない事さ
理屈なんかじゃとてもあらわせない
俺はお前のすべてを叶えてやる
より素敵な気分にさせてやる
だからお前は俺の事





キザな奴
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

街を歩けば人の目が
目玉ギョロギョロふり返る
ガキがはじめて見るような
そんな面して口あけて

俺はイカれたイロ男
頭の先からツマ先まで
ギンギラギンにきめ込んだ
世界名うてのキザ男

  間奏

街をうろつくカワイコちゃん
どうせマブを気取るなら
セコイ奴らの軽口に
乗っちゃあんたの名がすたる


恋の赤信号
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

あの娘に恋を打ち明けたくて
ダイヤルまわしてみたけれど
どこかの誰かと話し中
悲しき恋の赤信号

今度こそはとラブコール
ベルがリンリン呼び出し中
だけどあの娘は出てこない
どこかの誰かとデート中

ラララ ララララ ラララララ

やっと通じたラブコール
もしもしあのねと云ったけど
あの娘の声は聴こえずに
返事がわりの切れる音

ラララ ララララ ラララララ
ラララ ララララ ラララララ
ラララ ララララ ラララララ

返事がわりの切れる音
返事がわりの切れ…… … …


 I Love You
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

君がとっても上品で 頭のいい娘だなんて
そんな事等 俺にとっては ほんの些細なことなんだ

君の便りを読むたびに 退屈すぎて気が狂いそう
病気見舞いじゃあるまいし それとも恋を知らないの

それよりもっと ステキな恋が
あついあつい くちづけが
俺も好きだし 君だって
きっと一番似合うはず

解ってるなら云わないで 俺が君に望むのは
そんな疲れるセリフじゃなくて 心をこめて I Love You

 間奏

それよりもっと ステキな恋が
あついあつい くちづけが
俺も好きだし 君だって
きっと一番似合うはず

解ってるなら云わないで 俺が君に望むのは
そんな疲れるセリフじゃなくて 心をこめて I Love You

Hey Hey Hey I Love You  Hey Hey Hey I Need You
Hey Hey Hey I Love You  Hey Hey Hey I Need You
I Love You  I Love You  I Love You  I Need You


魅惑の宵
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

古い頁をめくり返して
ふさぎ込む事はない
それとも君は起こりゆく
夢を無駄にしてしまうのか

今は何も云わないで
もう少しロマンスを
街のネオン夜の蝶
すべて注文仕立てだね

夜が明けきらぬうちにもう一度
味わおうこのスリル
月下美人が咲き乱れる
このスバラシイ時のうちに

  間奏

夜が明けきらぬうちにもう一度
味わおうこのスリル
月下美人が咲き乱れる
このスバラシイ時のうちに

あらゆる君の思惑も
今はもう夢のよう
僕がくちずさむセレナーデに
君は気を失うかい

  終奏


傷あとのロックンロール
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

誰にもあるはずさ知られたくない
きかれたくない傷あと

死ぬ程好きなのさ オーイェー オーイェー
それなのに君は 何故 何故
俺を苦しめる
もう二度ときかないでお願いだから
暗い過去の傷あと

死ぬ程好きなのさ オーイェー アーハン
それなのに君は何故 何故
俺を悩ませる
もう二度と云わないでお願いだから
暗い過去の傷あと

  間奏

死ぬ程好きなのさ オーイェー オーイェー
それなのに君は何故 何故
俺を苦しめる
もう二度ときかないでお願いだから
暗い過去の傷あと
暗い過去の傷あと




夜は恋人
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

ほら夜が
いつもの夜がやってくる
のろくさくだらしなく
学校のうら側に
横丁のうす暗いたまり場に

昨日から
一日かけてやってくる
愛する恋人よ
ヒスでもの静か
俺とお前は似た者同士

  間奏

また夜が
けだるい面してやってくる
獣と天使を従えて
よこさはまなそぶりで
奴らを犯しにやって来る
やって来る やって来る やって来る
やって来る やって来る やって来る


ぬすっと
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

どうしたらいいのだろう
俺の女がドロボーになって
町からこっそり出て行こうとする
だから俺にブルースがとりついて
毎晩毎晩ブルースを唄う

駅員さん窓ををしめておくれ
あの娘が俺を見限って
俺からこっそり逃げようとする
世界中酔っぱらえばいい
あの娘が荷造りする前に
毎晩毎晩ブルースを唄う

  間奏

毎晩毎晩ブルースを唄う

駅員さん窓をしめておくれ
あの娘が俺を見限って
俺からこっそり逃げようとする
世界中酔っぱらえばいい
あの娘が荷造りする前に
する前に


	スケコマシ
	作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠
	
	俺はお前とやりたいから
	お前をやさしくするし
	つとめて紳士面もする
	ただじっとチャンスをまって
	
	俺はお前とやりたいから
	ほれたふりでも何でもするし
	お金だって使うのさ
	ただじっとチャンスをまって
	
	俺はお前とやりたいから
	真面目男をよそおって
	お前を信用させるのさ
	ただじっとチャンスをまって
	
※	女なんかみな同じ
	単細胞のかたまりで
	おだてりゃすぐのぼせ
	俺の云いなり放題さ
	
	俺はお前とやりたいから
	甘い言葉を並べたて
	ふ抜け男のまねもする
	ただじっとチャンスをまって
	ただじっとチャンスをまって
	
	
	もしも
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

君が僕を必要なら 僕のそばまでおいで
そっと君を抱いて 天国まで送ってあげる 
天国まで送ってあげる  

もし僕が必要なら とび込んでくる事さ
そうすればきっと何もかもが 解るはずさ
解るはずさ  

何も云わなくていいから 手をのばしてごらん
そうすればきっとそこに僕が いるはずさ
いるはずさ  

   間奏

今日から君を僕のそばにずっとおいてあげよう
君が望むなら死ぬ迄一緒に いてもいいよ
いてもいいよ  

何も考えなくていいから 目を閉じてごらん
僕がやってる事をじっと肌で 感じてごらん
感じてごらん  

イェイ イェイ イェイ イェー  もしも
イェー イェー  もしも
もしも君が僕の事を
もしも〜
もしも〜



あの娘は18才
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

 Ah-Ah-Ah-   Ah-Ah-Ah-
 Ah-Ah-Ah-   Ah-Ah-Ah- Hey

 街を歩くお嬢さん こちらを向いて
 僕と一緒に踊ろう ロックンロールを
 楽しく踊ろうよ 一晩中

 何かいい事ないかな  素敵な事は
 ジュークボックスで流れる ツイストを
 楽しく踊ろうよ 一晩中

 お前をつかまえたら 俺のものだぜ
 誰にも渡しゃしない 俺一人のものだぜ

 お前は18むすめ いかした奴だぜ
 スリムのジーンズが 良くあうゴキゲンな奴さ
 楽しく踊ろうよ 一晩中

 お前をつかまえたら 俺のものだぜ
 誰にも渡しゃしない俺一人のものだぜ

 街を歩くお嬢さん こちらを向いて
 僕と一緒に踊ろう ロックンロールを
 楽しく踊ろうよ 一晩中

 Ah-Ah-Ah-   Ah-Ah-Ah-
 Ah-Ah-Ah-   Ah-Ah-Ah- Hey




家にお帰り
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

君の手はしっかりと
僕を握りしめて
離そうとはしない
俺はダメな男で
ペテン師野郎

惚れるのはよしな
狂いかけの頭は
もうもどりゃしないのさ
俺は長い髪をした
ずるい男さ

いくら追っかけてみても
俺の心の中は
見抜けやしないのさ
けがしないうちに
家にお帰り

俺が欲しいのなら
ここまで堕ちてみな
それもできない
甘ちゃん嬢は
俺にゃ映らねえ

俺にゃ映らねえ
俺にゃ映らねえ
んー アハハー
んー アハハー


 

センテ		
  作詞:柴山 俊之 作曲:浦田 賢一 		
		
 嵐の中の気取った天使		
 ナパームだらけの頭を世間にさらけ出して		
 よっぴで町を口笛吹いて		
 うろつきまわる		
		
 退屈だらけイカサマだらけ町は傷だらけ		
 作り笑いが板についてるそんな風だらけ		
 奴らに先手をとられる前に先にぶち込め		
 		
 日本列島電波が走る		
 俺の身体にゃ むしずが走る		
 昨夜犯した俺の罪		
 一夜明けたら大スター		
		
 俺の口から吹き出る言葉		
 トゲだらけのナイフ		
 今夜一緒に赤く染まって戯れてみようぜ		
 ほんのちょっとだけうそをとりまぜた		
 俺のこのみで		
		
 日本列島電波が走る		
 俺の身体にゃ むしずが走る		
 昨夜犯した俺の罪		
 一夜明けたら大スター		
 一夜明けたら大スター		
 一夜明けたら大スター		


ダイナマイト
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 

 女たらしのレッテルはって
 今夜お前に
 爆弾Kissのプレゼント

 危険だらけの
 mu−レセプション
 ハートぶち抜く
 震度50のダイナマイト
 ダイナマイト ダイナマイト
 ダイナマイト

 恋は激しくビート
 やけどする程ヒート
 導火線にひをつけて  ※
 恋をばくはつさせるの
 3,2,1,0 ダイナマイト
 ダイナマイト ダイナマイト 
 ダイナマイト

 一度食べたら
 忘れられない
 俺の自慢の
 狂った恋のダイナマイト
 ダイナマイト ダイナマイト 
 ダイナマイト


ステディ・ドライバー・マン				
 作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 				
				
 俺は狂ったステディ・ドライバー・マン				
 俺に似合いの 車はどこだい				
 ピカピカの凄いやつ				
 俺をカッカさせる奴				
				
 ひと晩中でも ぶっとばす				
 赤信号でも おかまいなしさ				
 走り出したら止まらない				
 俺の可愛い ハニー・ビー				
				
 あの娘にピストル つきつけて				
 げきてつおこして アクセルふめば				
 あー じっとしちゃいられない				
 爆弾ぶち込むぜ				
				
 俺はお前の ステディ・ドライバー・マン				
 くせから何まで 知り尽くしてる				
 ハニー 今夜はむかつく				
 この世界におさらばさ				
				
 ひと晩中でも Baby ぶっとばす				
 でもおかまいなしさ				
 走り出したら止まらない				
 俺の可愛い ハニー・ビー				
				
 Ha Ha High Time Baby				
 ステディ・ドライバー・メン				
 Ha Ha High Time Baby				
 ステディ・ドライバー・メン				
 Come on Come on Baby				
 Ha Ha Ha Ha				
				
 Ha Ha High Time Baby				
 ステディ・ドライバー・メン				
 Ha Ha High Time Baby				
 ステディ・ドライバー・メン				
 Honey 今夜はむかつく




作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

薄汚れたゲートの下に
ガス灯がともり
さびれた飲み屋がある

腹をすかせたやせ犬が
ゴミ箱をあさり
食べ物を探している

この寂れた街のうす汚い路地裏で
今日も命が絶えた
何の希望もなく生きている人達が
ごまんといることを知った

年老いた男が一人
ビンを枕に
今日も酔いつぶれている




たいくつな世界
(作詞:柴山俊之 作曲、編曲:鮎川 誠)

こんな たいくつな世界
俺は もう うんざりさ
失うものも なけりゃ
見つけ出すものもない

ただ ぐにゃぐにゃに生きて
骨抜きになってく奴ら

俺は 奴らと奴らの
空白の世代がみえる
そこに入りこむことだって
切り捨てることだってできる

俺の気分ひとつで
何だって できるのさ

いけにえはごめんだぜ
仲間入りしたくないのさ
Xxようするに虫唾が走る
xxxxxxの話

この空白の世代にゃ
賭けで生きるしか手はないぜ



天の男
(作詞:柴山俊之 作曲、編曲:鮎川 誠)

天を見てごらん 僕を知りたいなら
あの広い天を よく見てごらん
僕は空から 降りてきたんだ

星を見てごらん 僕を知りたいなら
あの光る星を じっと見てごらん
私は星から 降りてきたんだ

じっと見てごらん 僕を知りたいなら
何のために来たか よく考えてごらん
あなたが僕を 求めているなら




じゃじゃ馬娘
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

じゃじゃ馬娘は俺でなきゃ
乗りこなせるわけがない
いつも男をのたうち回す

お前に出会った男たちは
みんな立てなくなっちまう
俺しかダメな じゃじゃ馬娘

高く高く飛ばしておくれ
いつもより激しく飛ばしておくれ
お前と落ちれば最高さ



バッドラックブルース
作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

俺が惚れてた女が ほかの男とくっつきやがった
だから朝から 憂鬱さ
全くついてない 男さ俺は

ついてる男がひとり 女を取り返しやがった
金持ちの 男でさ
全くついてない 男さ俺は

朝っぱらからおいらは 外をうろうろしてたっけ
雨が降って きやがって
全くついてない男さ俺は

逃げた女が言った あんたは間抜けでお人よしで
馬鹿な男だよって 全くついてない 男さ俺は

 
 全くついてない 男さ俺は
全くついてない 男さ俺は
全くついてない 男さ俺は




ねえママ
作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

 おいらが好きになった女の子
 おいらのすべてでむかえ入れた ? ※
 その場しのぎの相手だなんて
 夢にも思いはしなかった

 おいらが好きになった女の子
 調子いいこと並べたて
 おいら有頂天にさせといて
 もの足りないわと捨てぜりふ

 おいらメソメソ酒びたり
 悔しさ半分悲しさ半分
 おいら生まれつきデリケート
 恋の生傷が絶えやしない

 一度手にしたら離すんじゃないって
 よくみんな云うけれど
 女の子なんていつでも飛んでいける    ※※
 羽根をこっそりかくしてる

 ねえママ聴いておくれ  ねえママ聴いておくれ
 おいら決めたんだ
 ねえママ聴いておくれ  ねえママ聴いておくれ
 女の事で泣くのはもういやだ

   ※くりかえし
   ※※くりかえし


落ち目の唄
作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

 昔俺はくさる程金があり
 酒と女にうつつをぬかす毎日だった

 友達は俺におべっかを使い
 チヤホヤされて俺いい気になっていた

 そんな俺だからケチがつくのも当たり前
 ある日俺はすっかり すっからかんになってしまった

 友達はみんな行ってしまい恋人にも去られ
 ゆく宛もなく俺はいったいどうしていいのやら

 おちぶれ果てた俺には誰も知らんふり
 そうさそんな俺を愛してくれる奴などいない

 友達はみんな行ってしまい恋人にも去られ
 ゆく宛もなく俺はいったいどうしていいのやら

 おちぶれ果てた俺など誰も知らんふり
 そうさそんな奴を愛してくれるやつなどいない

 おちぶれ果てた奴など誰も知らんふり
 そうさそんな奴を愛してくれる奴などいない


朝一番の列車のブルース
作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

朝一番の列車で帰ろう
朝一番の列車で帰ろう
帰ろう
帰ろう
朝一番の列車で帰ろう

昼の列車じゃ遅すぎる
昼の列車じゃ遅すぎる
遅すぎる
遅すぎる
昼の列車じゃ遅すぎる

おいらのあの娘が待ってる町へ
おいらのあの娘が待ってる町へ
待ってる町へ
待ってる町へ
おいらのあの娘が待ってる町へ

朝一番の列車で帰ろう
朝一番の列車で帰ろう
帰ろう
帰ろう
朝一番の列車で帰ろう



一服させとくれ
作詞:鮎川誠 作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス

全くこいつにゃおてあげさ 
一度やったら病みつきさ
ヘイヘイ 一服させとくれ

信じないなら手に入れな
そして自分でやってみな 
ヘイヘイ 一服させとくれ

お上の側のいうことにゃ
こいつは御法度 惡の華
ヘイヘイ 一服させとくれ

だけどばば様の言うことにゃ
なんのいっちょん悪うない
ヘイヘイ 一服させとくれ

HARP SOLO

酒も好きだしジンも好き
だけどこいつにゃかなわない
ヘイヘイ 一服させとくれ

信じないなら手に入れな
そして自分でやってみな 
ヘイヘイ 一服させとくれ





ねずみ小僧の唄
作詞作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

いつの世にも 貧乏人の
上に胡坐を かいて 
ぬくぬく太っている 悪い奴が 
いるものでございます

今は昔 大江戸八百
夜鳥も眠る 丑三つ時
あくどい商人の蔵に
忍び込む一つの影

それゆけ鼠小僧 悪い金持ちを
しこたまやっつけて 懲らしめておくれ
おいらはお恵みなんていらねえ
胸がスカッとする それだけでいいよ

がっぽり盗んだその金は
その日のうちに 貧乏長屋
食うや食わずの 年より子供に
ちょっといい夢 見させておくれ

それゆけ鼠小僧 悪い金持ちを
しこたまやっつけて 懲らしめておくれ
おいらはお恵みなんていらねえ
胸がスカッとする それだけでいいよ





踊る阿呆
作詞作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

踊る阿呆に 見る阿呆なんて
昔の奴が 言ったっけ
いいこと言うぜ そうさその通り
さあみんなで おいらに合わせて

ブギしよう
ブギしよう

別に今流行りと 言うわけじゃないけど
けっこうイケるもんだぜ
さあみんなで調子付けて

ブギしよう
ブギしよう

足踏みするのも いいもんだ
床が抜けても かまわない
女にかまして みましょうか
腰が抜ける くらい
さあみんなで もっとケツふって

ブギしよう
ブギしよう
ブギしよう
ブギしよう

 SOLO

あたりを見回す ことはないよ
何も考えずに 上手ぶろうなんて
思わないで
さあみんなで 調子付けて

ブギしよう
ブギしよう

踊る阿呆に 見る阿呆なんて
昔の奴が 言ったっけ
いいこと言うぜ そうさその通り
さあみんなで 調子付けて
さあ一緒に リズムに合わせて

ブギしよう
ブギしよう
ブギしよう
ブギしよう

ブギしよう
ブギしよう
ブギしよう



つらい浮世
作詞作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

あの娘に 一目ぼれ だから好きだと 言ったのに
あの娘は 笑って 相手にも してくれない
だから 誰かかわりを
誰かかわりを
誰かかわりを見つけなくちゃ

あなたと やりたくて させてくれと 言ったのに
あなたは おいらに ダメよと いった
だから 誰かかわりを
誰かかわりを
誰かかわりを見つけなくちゃ

全く つらい 世の中だと ぼやいても
誰も 助けてなんか くれやー しませんよ
だから一人で生きて
一人で生きて
一人で生きていかなくては

YEAH


僕と死にかけた君
作詞作曲:鮎川誠 編曲:サンハウス 

死にかけた君に出会っても
僕にできることはひとつ
死にかけた君に出会っても
僕にできることはひとつ
死にかけた君に出会って僕が
できることはひとつのことはといえば
君なんかに構っちゃいられないよと
優しく声をかけてあげるだけ

死にかけた君に出会っても
僕にできることはひとつ
死にかけた君に出会っても
僕にできることはひとつ
死にかけた君に出会って僕が
できることはひとつのことはといえば
なかなか楽しそうじゃないかと
悲しそうな顔をしてみせるだけ

死にかけた君に出会っても
僕にできることはひとつ
タララ ラッタタララ
タララ ラッタタララ
タララ ラッタタララ
タララ ラッタタララ
タララ ラッタタララ
タララ ラッタタララ

ふぁふぁふぁ ふぁふぁふぁふぁふぁ
ふぁふぁふぁ ふぁふぁふぁふぁふぁ



396円のブルース
(作詞 作曲、編曲;鮎川 誠 )

どこでもいいから 次の汽車の
400円分の きっぷを下さい
どこでもいいから 次の汽車の
400円分の きっぷを下さい
どこへいくかなんてな しっちゃいねえ
ただもう ここから 離れて行くんだ 

それがおいらの ありったけさ
逆立ちしたって もうありゃしねえ
それがおいらの ありったけ
逆立ちしたって もうありゃしねえ
どこへ行くかなんて しっちゃいねえ
ただもう ここには いたくないんだ

出ていく前に一つだけ
しておかなくっちゃなりません
出ていく前に一つだけ
しておくことがあります
なに大したことじゃありません
ただこの街にしょんべんひっかけてやるんだ



僕にもブルースが歌える(かもしれない)
(作詞作曲、編曲;鮎川 誠 )

街をあるけば 何やかんやが
おれにめがけて落ちてくる
おそろしや おそろしや
気が休まるところなんて
ありゃしねぇ

部屋に帰れば 借金取りが
つぎからつぎへと やってくる
ちょっとまっとくれ この次にしておくれ
払えりゃ こんなとこ
いやしねぇ

仕事にあぶれて あてはなし
おまけに明日は雨だとさ
こんなとき こんなとき
僕にもブルースが歌える
かもしれない


THE SUN IS SHINING
(ELMORE JAMES)

The sun is shining
But it's raining in my heart
The sun is shining 
I know it's raining in my heart
I'm in love with my baby
And I hate to see us part

My baby left me this morning 
Don't even say goodbye
My baby left me this morning
No she didn't even      She didn't ever say goodbye
You know, I love you baby
I don't, I don't know the reason why

I had a dream
I had a dream one rainy night
I had a dream
You know I had a dream one rainy night 
You know I'm lookin' for my baby
And you know the sun way shining bright


 
61 Highway
(Mississippi Fred McDowell)
recording of February 13 1964, at his house near Como, Mississippi
from You Gotta Move (Arhoolie 304), copyright notice

Lord, that 61 Highway is the longest road I know
Lord, that 61 Highway may be the longest road I know
She run from New York City, down the Gulf of Mexico

Lord, it's some poor sand down, Greyhound buses don't run
Lord, it's some poor sand down, Greyhound buses don't run
Just go to work with me baby, look down Highway 61

I said please, please see somebody for me
I said please, please see somebody for me
If you see my baby, tell her she's alright with me

I'm gonna buy me a pony can, pay for fox-trot and run1
I'm gonna buy me a pony can, pay for fox-trot and run
Lord, when you see me comin', pretty mama, I'll be on Highway 61

I started school one Monday mornin', Lord, I throwed my books away
I started school one Monday mornin', baby, I throwed my books away
I wrote a note to my teacher, Lord, I'm gonna try 61 today

Lord, if I have to die, baby, fo' you think my time have come
Lord, if I have to die, baby now, fo' you think my time have come
I want you to bury my body, out on Highway 61

Lord, it's amazin', baby, Lord, don't want you to have no fun
It's amazin', baby, don't want you to have no fun
Just come down to my little cabin, out on Highway 61


SONHOUSE 'HAKATA'

商品情報

アーティスト名:サンハウス
タイトル:HAKATA
発売日:2015年11月23日(月/祭)

収録楽曲:
HAKATA 2CD-A
1 . 爆弾           (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
2 . キング・スネーク・ブルース (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
3 . ふるさとのない人達  (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
4 . 風よ吹け  (作詞:鮎川 誠 作曲:鮎川 誠)
5 . ロックンロールの真最中  (作詞:鮎川 誠 作曲:鮎川 誠)
6 . 借家のブルース  (作詞:柴山俊之 鮎川 誠)
7 . なまずの歌 (作詞:鮎川 誠 作曲:鮎川 誠)
8 . スーツケース・ブルース (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
9 . ぬすっと (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
10 . あて名のない手紙 (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
11 . あめ (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
12 . どぶねずみ (作詞:鮎川 誠 作曲:鮎川 誠)
13 . 傷あとのロックンロール (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
14 . 傷あとのロックンロール(alt) (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)

HAKATA 2CD-B
1 . 悲しき恋の赤信号 (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
2 . キザな奴 (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
3 . キザな奴(alt) (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
4 . 悲しき恋の赤信号(alt) (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
5 . 夜は恋人 (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
6 . キザな奴(alt2) (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
7 . 魅惑の宵 (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
8 . やらないか (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
9 . もうがまんできない (作詞:鮎川 誠 作曲:鮎川 誠)
10 . アイ・ラブ・ユー (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
11 . カラカラ (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
12 . 地獄へドライブ (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
13 . レモンティ (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
14 . ふっとひと息 (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
15 . ミルクのみ人形 (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠)
16 . すけこまし (作詞:柴山俊之 作曲:鮎川 誠

※全30曲収録。

RECORDED At Heart Strings Rehearsal Studio
on 2015/10/12 2pm-6pm
MASTERING by Soichiro Nakamura for PEACE MUSIC

SONHOUSE is;
菊(v, harp)
篠山哲雄 (g)
鮎川誠 (g)
奈良敏博 (b)
坂田紳一’鬼平’(d)

※ライブ会場およびオンライン(http://sheena.cc/)で、11月23日からお求めください。 ※ライブ会場のみ特典ポスター付。


Back to DiscoPage


Thanks Maorau for typing the lyrics
Sonhouse.jp